その文書そのまま捨てないで

簡単に作成可能

書類

社員証は会社の一員であることを表すキーアイテムです。プリンターで作成することも可能ですが、業者に依頼することで、オリジナリティー溢れる会員証を作成することが出来ます。

もっと詳しく

機密文書の破棄方法

書類を入れる

機密文書は、本当に重要なことが書いてある大切な文書です。そのため、適切な処理方法で処分しなくてはいけません。専門業者に委託して処分するのが通常の流れとなっています。

もっと詳しく

絶対はありえない

シュレッダーにかける

インターネットを利用する上で危険な物がセキュリティーです。絶対安心という言葉はありえませんので、セキュリティーソフトの更新などは確実に行なう必要があります。少しの手間でリスクを軽減しましょう。

もっと詳しく

委託するのが安全

専門業者へ委託するのが一番

シュレッダー

機密文書の内容には、特定の人間でないと読んでもわからない内容や、一般の人間には特段の価値を見いだせないような簡素な文章もあります。それに対して、企業の新製品の開発内容や製造工程の具体的な説明など、他の同種企業にとっても相当の価値を持つような機密文書もあります。 これらの情報は、概ね暗号化等のセキュリティ処理を施された状態で管理されるのが一般的です。 ところが、この暗号化処理された際にもちいたパスワードを失念したり、管理者が管理していなかったりして、文書ファイルを復活出来ない状況が発生することがあります。 この場合、情報解析専門の業者に委託して、パスワード解析を行なってもらい文書の復元処理をしてもらうのが得策です。復元のためには調査や作業内容によって金額は大きく変動するため相場も流動的です。思わぬ出費となり得ますので、管理は十分に行なう事が必要です。

無料ながら高度な暗号化を行うソフト

機密文書のセキュリティ処理には、ファイルの暗号化の際にパスワードを付与する事でより強固なセキュリティを実現する事が可能になります。 従来は、コンピュータウィルス検出用アプリのオプションなどに暗号化処理サービスがついていましたが、近年では無償ながら高度な暗号化処理を施すアプリが無料で提供されはじめています。 機密文書の暗号化で重要なのは、利用時のパスワードを失念しないよう注意する事です。 折角セキュリティが高度であっても、利用できなくなってしまっては本末転倒です。 無料で手軽にセキュリティ機能を利用できるソフトも入手できるようになった今、機密文書は暗号化することを義務づけるなどして、第三者への情報漏洩を防ぐ手立てを持っておくことが大切です。